2010年12月29日

MP330

AACエンコードのビットレートを192kbpsに上げたので、1GBシャッホーに入りきらなくなってしまったため、1つのDAPに入れたい楽曲を全て入れて持ち歩けるように容量の大きいのを買ってきた。

買ったのはTranscendのMP3プレイヤーMP330の8GBモデル(TS8GMP330)である。この容量のDAPではおそらく一番安いモデルだと思う。そのわりにボイスレコーダーやFMラジオなども使えて多機能である。
自分の入れたい容量は4GBあれば足りているんだけど、4GBモデルと8GBモデルの価格差が1K程度(2GBと4GBの価格差はなんと0.3K。これで誰が2GBモデル買うんだろう?)なので、大きいことはいいことだということで8GBモデルにした。

曲の転送は、シャッホーみたいにソフト使ってクリック一発ではなく、パソコンにUSB接続して手動でファイルコピーする。そのためフォルダー構成も自分で考えて作る必要がある。
まあ、自分のやりたいようにできるので、こっちの方が便利かも知れない。

再生できるファイル形式は、カタログスペックでは「MP3、WMA、FLAC、WMA-DRM10 (保護音楽ファイル)、WAV フォーマットに対応」となっているが、実際にはiTunesでリッピングしたAAC(m4a)でもそのまま再生できる。

いまのところ、フォルダ構成はアーティスト名\アルバム名\曲名.m4aというようにしている。

再生方法は、ノーマル、1曲リピート、全曲リピート、全曲ランダム、フォルダ再生、フォルダリピート、フォルダランダムが選べるが、この中のフォルダ○○はフォルダを選択するのでなく、選択した曲のフォルダが対象になる仕様のようで、少し使いづらい。

プレイリストも作れるが1つだけなので、対応しているM3U、PLA、WPLフォーマットのプレイリストのうちiTunesで作れるM3Uを試してみたが、どうもうまくいかない。
パスの指定に何か決まりがあるのかな?


とりあえず、転送したZARDの曲を、アップルのインナーイヤーイヤホン(シャッホー付属のヤツ)で聞いてみたが、高音がシャカシャカしてボーカルほとんど聞こえないじゃん・・・
価格.comのレビューとか見ると温室いいって評判なんだけど、こんなのなの?、と後悔しまくりんぐかと思ったが、アップルインナーイヤーのジャックの接触不良が原因でした。ジャックをグリグリしたらまともに聴こえるようになりました。イヤホンジャックには金メッキ必要だなと再確認しました。

そんで、まともなのを聴いた感じは(イコライザーもついてるけどオフ)、シャッホーよりもかなり明るい音色で、アップルインナーイヤーでもなかなかいい音を鳴らします。
音量はMP3Gainを使って93dBに下げてあるのだが、それでも2/10くらいで十分な音量となってしまうため、音量の微調整ができない。もっとGainを下げた方がいいのかな。ハイインピなオーバヘッドでも十分音量が取れそうである(持ってはいないが)。
続きを読む
posted by はぐリン at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

イヤーチップの話

3段キノコ小(ER6I-15SM)が少し黄ばんできたので、水洗いして今日は干してます。そのため、今日は代わりにスポンジ(ER6I-14F)を使用してみた。
キノコと違ってでかいためあまり奥に入らないので、イヤホン本体が耳から飛び出している格好になる。まだつっこみがたりないのかな。

キノコの場合、つっこんでからの深さや角度の調整が必要になるので結構時間がかかるんだけど、スポンジだとつぶしておいてギュっと耳につっこむだけなので装着は簡単である。

自分の場合、耳穴の大きさが左>右で、右耳は小キノコがフィットするんだけど、左耳がなかなかフィットせず一段目のキノコが曲がってしまうのか角度調整がなかなかシビア。左耳だけER6I-18にすると浅い位置でフィットはするんだけど、一段目のキノコが曲がってしまうのか音量が小さくなる。

そう考えるとスポンジチップの方が自分には合っているのかも知れないけど、なんか敗北感があるなぁ。純正品でなくコンプライでも買ってみようかな。

装着性 キノコ < スポンジ
装着感 キノコ < スポンジ
見た目 キノコ > スポンジ(装着した際のこと。イヤホンの外観だと逆かなぁ)
遮音性 キノコ > スポンジ
低音質 キノコ = スポンジ
高音質 キノコ < スポンジ
解像度 キノコ = スポンジ
定位感 キノコ < スポンジ
コスパ キノコ > スポンジ(スポンジは耐久性低そう)

音質関係が総じてスポンジの方がいいのは、キノコがジャストフィットしてないせいだと思います。続きを読む
posted by はぐリン at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

ジャンフェス新カードのテキスト

PP13-JP001
ジャンク・フォアード 地 戦士 900 1500 3
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。


PP13-JP002
魔天使ローズ・ソーサラー 地 植物 2400 1300 7
このカードは「魔天使ローズ・ソーサラー」以外の自分フィールド上に表側表示で存在する植物族モンスター1体を手札に戻し、手札から特殊召喚する事ができる。この方法で特殊召喚したこのカードは、フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。


PP13-JP003
マシンナーズ・カノン 地 機械 0 2200 8
このカードは通常召喚できない。手札から機械族モンスターを任意の枚数墓地へ送った場合に特殊召喚する事ができる。このカードの攻撃力は、このカードの特殊召喚時に墓地へ送ったモンスターの数×800ポイントアップする。


PP13-JP004
重爆撃禽(げきん)ボム・フェネクス 炎 炎 2800 2300 8
機械族モンスター+炎族モンスター
自分のメインフェイズ時、フィールド上に存在するカード1枚につき300ポイントダメージを相手ライフに与える事ができる。この効果を発動するターンこのカードは攻撃する事ができない。この効果は1ターンに1度しか使用できない。


PP13-JP005
M・HERO(マスクドヒーロー) 剛火 炎 戦士 2200 1800 6
このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。このカードの攻撃力は、自分の墓地に存在する「HERO」と名のついたモンスターの数×100ポイントアップする。


PP13-JP006
M・HERO(マスクドヒーロー) ヴェイパー 水 戦士 2400 2000 6
このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。このカードは魔法・罠・効果モンスターの効果では破壊されない。


PP13-JP007
V・HERO(ヴィジョンヒーロー) アドレイション 闇 戦士 2800 2100 8
「HERO」と名のついたモンスター×2
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体と、このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する「HERO」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。選択した相手モンスターの攻撃力・守備力はエンドフェイズ時まで、選択した自分のモンスターの攻撃力分ダウンする。


PP13-JP008
スカー・ウォリアー 地 戦士 2100 1000 5
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手は表側表示で存在する他の戦士族モンスターを攻撃対象に選択する事はできない。また、このカードは1ターンに1度だけ、戦闘では破壊されない。


PP13-JP009
マスク・チェンジ 速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「HERO」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターを墓地へ送り、選択したモンスターと同じ属性の「M・HERO」と名のついたモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。


PP13-JP010
ヒーローアライブ 通常魔法
自分フィールド上にモンスターが表側表示で存在しない場合、ライフポイントを半分払って発動する事ができる。自分のデッキからレベル4以下の「HERO」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。




JF11-JP001
トークン(冥府の使者カイエントークン)


JF11-JP002
トークン(アスモ・ディウストークン)


JF11-JP003
トークン(ラヴァルトークン)


JF11-JP004
トークン(クリボートークン)


JF11-JP005
ジャンク・ディフェンダー 地 戦士 500 1800 3
相手モンスターの直接攻撃宣言時、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。また、1ターンに1度、このカードの守備力をエンドフェイズ時まで300ポイントアップする事ができる。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。


JF11-JP006
Sin スターダスト・ドラゴン 闇 ドラゴン 2500 2000 8
このカードは通常召喚できない。自分のエクストラデッキから「スターダスト・ドラゴン」1体をゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。このカードが表側表示で存在する限り、自分の他のモンスターは攻撃宣言できない。フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、表側表示で存在するフィールド魔法カードは効果では破壊されない。


JF11-JP007
ブーテン 光 天使 200 300 1
自分のメインフェイズ時に、墓地に存在するこのカードをゲームから除外し、自分フィールド上に表側表示で存在するレベル4以下の天使族・光属性モンスター1体を選択して発動する事ができる。選択したモンスターはフィールド上に表側表示で存在する限りチューナーとして扱う。


JF11-JP008
デス・ドーナツ 闇 悪魔 0 0 1
リバース:フィールド上に表側表示で存在する元々の攻撃力または元々の守備力が0のモンスターを全て破壊する。


JF11-JP009
素早いマンタ 水 魚 800 100 2
フィールド上に存在するこのカードがカードの効果によって墓地へ送られた時、自分のデッキから「素早いマンタ」を任意の数だけ特殊召喚する事ができる。


JF11-JP010
深海の怒り(レイジ・オブ・ディープシー) 水 魚 0 0 5
このカードの攻撃力・守備力は、自分の墓地に存在する魚族・海竜族・水族モンスターの数×500ポイントアップする。

posted by はぐリン at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンコードのビットレート

DAPが1Gのシャッホーと貧弱容量なので、リッピングはiTunesで特に設定は変えずにAAC128kbpsで行っているが、ER-6iを使い始めてから圧縮音源のアラが耳に付くようになってしまった。

ビットレートを上げれば音質は良くなるが、その分容量を食うため、どの程度のビットレートにすれば音質低下を気にせずに聴けるか試行錯誤する必要があるようだ。(まあ、もっと容量の大きいDAPを買えば320kbpsにして解決する話なんだけどね。)

とりあえず実験ということで、尾崎豊のライブアルバム4枚(LAST TEENAGE APPEARANCEと約束の日でどちらも2枚組)をAAC256kbpsでリッピングして512Kシャッホーに転送(結構ぎりぎり容量である)。

自宅で3段キノコは疲れるのでオーテクのATH-CK31を使って土日にわたって視聴。

昔使ってた頃は、

肝心の音に関しては、FX55はヴォーカルの音が若干引きこもり気味なのに対して、CK31はヴォーカルが前面に出てくる感じです。FX55にあるような篭り感はなく、軽快な感じで音が鳴ります。楽器の音は、FX55の方が繊細でCK31は雑な感じに思います。

なんてことをのたまっていたのですが、今回久しぶりに使ってみて印象が逆転しました。イヤーピースは純正品でなくE2C用のソフトフレックスですが、低音バンバンの篭もったイヤホンに感じました。(だいぶエティモ音に脳エージングされているようだ)バスドラの音圧がガンガン耳に響くため、聴き疲れします。自分は低音厨ではないんだなぁと思いました。

エンコーダーがソースを圧縮する際には、設定ビットレートにより低〜中音部はさほど変わらないけど、高音部に影響が大きく出る。一番聞き分けやすいのはハイハットの音かな。
AAC256kbpsのエンコードだとハイハットの音が結構いい感じに鳴っている(128kbpsだとちょっと歪んだ感じになるのと、ボーカルが少し引っ込んだ感じになる)し、全体の雰囲気も悪くない。128kbpsの倍のファイルサイズになるのはちょっときびしいので、もうちょっとビットレートを落としたいため、しばらくこの音を楽しんだ後、次は192kbpsを試してみようかなと思う。

ちなみに、ER-6iとAAC256kbpsの組み合わせでライブ録音の曲を聴くと、ホールのどのあたりで録音したかがなんとなく感じられます。「LAST TEENAGE APPEARANCE」ではステージと同じフロアの前の方(最前列ではない)、「約束の日」の「15の夜」はステージよりも高い所(2F客席かな)で録音した音のように感じます。「約束の日」のほかの曲はまだ聴いていないため不明だけど、「15の夜」と他の曲とはなんとなく録音状態が違うような気がします。この聞き分けはATH-CK31では無理なようです。
posted by はぐリン at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘッドフォンブック2011

今年のヘッドフォンブックになにやらオマケでイヤホンが同梱されているとの噂を耳にした。
発売日が12/14とのことで、今更本屋に残っているか微妙だが、昨日ラクダ書店で探してみた。(価格.comのPIANO FORTE IIの口コミを見てみたら、なにやら売り切れっぽい感じ)

・・・1冊だけ残ってたので即ゲット。

付録はFinal audio design社のPIANO FORTE Iというオープンタイプ?のイヤホンでネットでの評判は悪いみたいですね。でも、この機会でしか手に入らない機種のようなので手に入れておくのも面白いと思います。ちなみに同じ製品っぽいPIANO FORTE IIは3Kくらいの値段のイヤホンらしいので、それが書籍と合わせて2Kで手に入ることになるのでお得感はある(書籍のみが1Kと考えるとイヤホンが1K)。

ダイナミック型でドライバーユニットが大きめなため、かなり鳴らし込まないとまともな音が出なさそうな感じなので、それで評判が悪いのかも知れないね。
posted by はぐリン at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jフェスタの新カード

金曜日にVジャンが届いたので、そちらに掲載されている新カードの方に気をとられていたが、土日にジャンプフェスタがあったんですねぇ。

PP13の10枚とプロモパックの5枚?のカードのテキストを調べなくては・・・
posted by はぐリン at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

オスカー2匹ゲット

今年の夏の猛暑のせいか金魚が1匹死んでしまったため45cm水槽が1つ空いているので、何か入れたいと思っていろいろ検討した結果、オスカーを飼ってみたくなった。

オスカーっていうのは通称(流通名)で、本名はアストロノータス・オケラタスというアマゾン川原産の魚である。ワイルド固体と改良品種(いわゆる養殖もの)のどちらもアクアリウムショップで売ってる。

ワイルド固体でも模様は1種ではなく採取された場所によってさまざまであり、ショップに入荷する数匹の中から模様などを吟味して買う感じ。
改良品種には、タイガーオスカー、レッドオスカー、アルビノオスカー、アルビノタイガーなどのバリエーションがあり、どの種類を買うかを決めて、同種10数匹の中から気に入った固体を買う感じである。

10年くらいは生きる魚なので、しっかり見て気に入った固体を買わないと後悔するはめになるので、固体選定は慎重かつ大胆に。


んで、買いに行く前は、タイガーオスカーとレッドオスカーを1匹ずつ買うつもり(どの魚でもそうだけどアルビノは個人的に好きではない)でショップに行ったんだけど、タイガーオスカーは気に入った個体がいたが、レッドオスカーにはいまいちピンと来る個体がいなかった。
少し離れた水槽にワイルド固体がいて、なかなかの模様でしかも安価だったので、当初の予定を変更しタイガーオスカーとワイルドオスカーを買ってきた。
AQ30.jpg
手前の少し大きいのがワイルドで、奥の赤い模様のがタイガーオスカーである。何故、赤と黒の模様なのに「タイガー」なのかナゾであるが、おそらくは赤単色のレッドオスカーに対して模様がまだらになるので「タイガー」としちゃったんだろうな。

ワイルド固体は写真では地味だが、実際のも地味である。成長してどんな模様になるかが楽しみである。
タイガーオスカーはというと、尾鰭のつけ根あたりにあるスポットの外周の模様が猫耳型(逆さだけど)なのが気に入ったところである(写真だと分かりづらいかな)。
AQ31.jpg

現状ではタイガーオスカーの方が少し小さいが、とりあえずはケンカせず仲良くしているのでひと安心。養殖ものの方が成長は早いと思うので、サイズの不揃いはすぐ解消されると思う。
エサは、ショップの水槽でワイルドが人工飼料(多分ヒカリキャット)を食べていたので、生エサを用意する必要はとりあえずはなさそうである。ちょっと大きくなったら、たまにはメダカとかの生エサもあげようかなとは思う。

とりあえずは45cm水槽での飼育となるが、成長速度は速そうなので、何ヶ月45cm水槽でいけるのか分からない。最終的には30cm程度にはなる魚なので、大きくなっちゃったら現在使っていない90cm水槽に移すつもりである。
posted by はぐリン at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアリウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

機皇神マシニクル∞

VJMP-JP055
機皇神マシニクル∞ ★★★★★★★★★★★★ 光 ATK/4000 DEF/4000
【機械族・効果】
このカードは通常召喚できない。手札から「機皇」と名のついたモンスター3体を墓地へ送った場合のみ特殊召喚する事ができる。1ターンに1度、相手のシンクロモンスター1体を装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。このカードの攻撃力は、この効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。また、自分のスタンバイフェイズ時に1度だけ、このカードの効果で装備したモンスター1体を墓地へ送る事で、そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行う事ができない。


まだVジャン来てないけど、「TG ハイパー・ライブラリアン」のために買った週ジャンにでかでかと載ってたので実装した(テキストが読めない部分が一部あるが、まあ予想の範疇でしょう)。

他の機皇帝と同様に条件召喚モンスターであるが、機皇帝と違ってコスト払って特殊召喚するタイプである。
コストは手札コストで「機皇」が3枚必要となる。3枚もの機皇帝を手札に集める必要があるため、「機皇神マシニクル∞」を使うデッキは機皇帝もかなり積む必要があり、事故りまくりそうな構成となる。

相手のシンクロモンスターを吸い取る効果は他の機皇帝と同様に健在であり、吸い取ったシンクロモンスターの攻撃力分が加算されるのも同様である。
特殊召喚タイミングが限定される機皇帝と違って能動的に特殊召喚できるので、機皇帝よりもシンクロモンスターを吸着する効果は使いやすいかも知れない。
元々の攻撃力が高いので、相手の場に他の攻撃表示モンスターがいれば、吸着後の攻撃で4000以上の超過ダメージが見込めるはずである。

破壊耐性等は一切ないので、自分スタンバイフェイズの効果を使うまで生き残っているかどうか微妙なところである。相手の場に複数のシンクロモンスターがいるような状況なら、毎ターン吸着して飛ばすような運用も面白いかも。
posted by はぐリン at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 実装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

雑記

数日前にER-6iの遮音性について、


【外音遮断性】★★★
言われているほどではないと思う。そこそこ外音は聞こえます。


てな事を書きましたが、本日、地下鉄を待ってる時に目を閉じて音楽に没頭してたら電車が来たことに気付かずに乗り過ごしました。


今度からはちゃんと目は開けていようと思った。
posted by はぐリン at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

ER-6iの上位機種のお話

ETYMOTIC RESEARCH社製イヤホンのラインナップは同社のWEBサイトで見ると

mc5™ earphones $79
6i Isolator Earphones $99
hf5™ earphones $129
ER•4 MicroPro™ Series $299

の4種類。その他にもmc3、hf3、hf2がありますが、これらは上記4種にケーブルの途中にマイクやらボリュームコントローラーの付いたものなので基本的には同じもの。

ER•4シリーズのうち、ER-4Sはカナル型イヤホンで最高音質と誉れ高い至高のイヤホンといわれている逸品。デザインは一見野暮ったいが、名品のオーラというか凄みが感じられるものです。昔はドライバ部から赤・青のコードが出ているデザインでしたが、現在は黒一色になってます。
etymotic-er-4s_m.jpg
(旧ER-4S)

装着は結構深く耳に突き刺すのですが、ドライバ部が長いので耳からかなり突き出ると思います。ちなみに、これ、赤のモデルと青のモデルがあるのではなく、右耳用と左耳用で色が違うんです。どっちがどっちの色かは知らない。昔、電車の中でこの赤青をつけてる人を見たことありますが、かなり滑稽でした。自分はこれをつけて電車に乗れる自信はありません。


mc5のデザインはこれに比べるとカラフルで現代風なのですが、あまりにテカテカ(メタリック)なのでちょっとお下品です。日本での販売価格は6iより高いが、メーカー定価は逆なんですね。まあドライバがバランスド・アーマチュア(BA)型ではなくネオジウムマグネシウムドライバなので、これ買うくらいなら他のメーカーのを買うだろうけど。


hf5-slide1.jpg
hf5は後発モデルなので、デザインはこの中では一番かっこいいです。また色合いもつや消しなのでシックです(上の画像のように黒・青・赤のモデルがあります)。ちょっと前までは$149でしたがつい最近値下げしたみたい。$1=83円で計算すると10,700円程度となかりお買い得な価格になるのですが、まだ日本での販売価格はそこまで下がってないです(サウンドハウスで13,800円)。


性能比は6i<<hf5<ER•4といった感じかと思います。

ER•4はドルレート計算値よりも日本での販売価格は安いのでお買い得といえる。まあ、それでもイヤホンに2万円近く出す人はそんなにはいないと思うが。
hf5が6iやER•4のようにドルレート計算値よりも販売価格が安くなったら、1万以下になると思われるのでかなりコストパフォーマンスの高い機種になるんだけどな。
posted by はぐリン at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。