2011年04月18日

イヤーチップ#2

ER-6iのイヤーチップだけど、新品の透明キノコ(ER6I-15SM)だと使い込んだのと比べると小さく、左耳がスカスカで遮音性ががた落ちになるので、左耳用にグレーキノコ(ER6I-18)も買ってしまった。

現在は左右非対称のイヤホンになってる。まあ、右左が見分けやすいのが利点ではあるが。

んー遮音性復活!
左耳透明キノコだと、音楽鳴ってても地下鉄の車内アナウンスがうっすら聞こえるけど、グレーキノコだとほとんど聞き取れない(乗り過ごしそう)。

でもグレーキノコは耳に密着しすぎるので、イヤホン外すのに手間がかかるんだよな。
posted by はぐリン at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

イヤーチップ

付属のイヤーチップがへたってきたので、音屋でER6I-15SMをぽちった。ついでにリプレースメントフィルター(ER6-50/ER6I-50)もぽちっておいた。

一時期はグレーキノコ(ER6I-18)も使ってたけど、自分の耳には透明キノコ(ER6I-15SM)の方が装着感がしっくりくるようである。
とはいえ、左耳はグレーキノコ、右耳は透明キノコが一番フィットするんだけど、左右で違うイヤーチップ使うのは、予備を2種類そろえないといけないし、非対称は何となく嫌なので、小さい方(深く挿せる方)で使うことにしている。
グライダーイヤーチップ(ER6i-17)は全く合わず、イヤーフォーム(ER6I-14F)はドライバが耳から飛び出しすぎ(深く挿せない)なので使う気はない。

音屋でER6i-BKが「完売御礼」となっていて、商品が廃番的なことが書かれているが、ER6i-BKなくなっちゃうのかな?

今持ってるのが保障期間過ぎてから断線したら、次はhf5かなぁ。
posted by はぐリン at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

ZARD

もうじきZARD 20周年ということで、ZARD SINGLE COLLECTION〜20th ANNIVERSARY〜なんてのがリリースされてますが、高くて買えません。(にわかなので)

ZARDの楽曲ってアルバム未収録のカップリング曲が結構あったりするので、アルバム買うだけじゃ全部集まんないんだよな。

自分調べで全曲で152曲あるはずだけど、とりあえず149曲までは集めた。(152曲は「異邦人」と「Can't Take My Eyes Off Of You(君の瞳に恋してる)」を含んだ数です)

あと持ってないのは「リセット」(「もっと近くで君の横顔見ていたい」のカップリング)と「無我夢中」(「かけがえのないもの」のカップリング)と「Can't Take My Eyes Off Of You」の3曲。


「ZARD SINGLE COLLECTION〜20th ANNIVERSARY〜」買えば全部入ってるんだけどな。
posted by はぐリン at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

エンコードのビットレート3

一気に320kbpsは何となく無駄っぽいので、現在AAC256kbps(VBR)でお試し中。

AAC192kbps(VBR)ほど破綻しないし、1曲を通してそこそこボーカルの質感も保たれている。音が重なってくると多少薄くはなるが、地下鉄の騒音の中で聴く分にはほとんど気になるレベルではない。

自分の使用状況だとAAC256kbps(VBR)で充分なようである。


ちなみにAAC256kbps(VBR)にしてるのは女性ボーカルものだけである。
男のボーカルなら質感なんてなくてもいいし。
posted by はぐリン at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

エンコードのビットレート2

前にMP330について「シャッホーよりもかなり明るい音色で」と書いたが、これはMP330がシャッホーに比べて低音の量が下がる傾向のようで、そのため高音寄りになるから「明るい音色」に聞こえるようだ。シャッホーだとベースの音が追えるのにMP330だと追えないもんなぁ。

つまるところ、音質に関してはMP330とシャッホーは傾向は違うが、質は同じ程度と思われる。低音寄りやドンシャリのイヤホンだとバランスが良くなって音質がよく聞こえるのかも知れない。価格.comのレビューで音質の評価がいいのはこの辺に理由がありそうである。


最近はDAPの容量アップにともない、AAC192kbps(VBR)でリッピングしたものを聴いているのだが、イヤホンがそこそこ高解像度なため圧縮ソースのアラを如実に感じるようになってしまった。ER-6iでこれだから、もっと性能のいいイヤホンの場合、圧縮ソースなんて聴けたモンじゃないのかも知れない。あまり高性能なイヤホンを使うのも考えもんである。

エンコードのビットレートとは、確か1秒間の音データを128kbpsだったら128kBで、256kbpsだったら256kBで表現するということなので、数値が高いほど元々の音に近くなるんだけど、CDのビットレートは1411kbpsなので、非圧縮形式や可逆圧縮形式でないかぎりCDの音質には遠く及ばない。
ただし、CDだってすべてのタイミングで1411kbpsをフルに使っているわけではないだろうし、人間の耳には聞こえない周波数帯の音も保持しているため、それらを削って圧縮をかけるのであるが、いろいろな音が同時に鳴っている場合、設定したビットレートによってはかなり音が間引かれるため、薄っぺらい音になる。これが圧縮ソースのアラである。

聴いてて分かりやすいのは、1コーラス目はピアノ(またはギター)の伴奏のみにボーカルを乗せていて、2コーラス目以降徐々にほかの楽器が加わっていくようなタイプの曲である。
音数が少ないうちは、ボーカルやピアノに質感がありツヤツヤして立体感があるんだけど、だんだん音数が多くなってくると、音が平坦になってくるのである。(質感部分が間引かれてるんだろうな)

これは気にしなきゃいいんだけど、設定ビットレートでデータ量が足りている時の音があまりにすごいので結構気になるもんである。かといってロスレスとかで取り込む気にはならないし(容量的に無理ぽ)。

いろいろなサイトを見ると、たいていは192kbpsならイヤホンで聴いてCDとほとんど差はないというようなことが書かれているが、どんなイヤホンで聴いてるんだよ。丸わかりなんだけど。

1.5倍程度の容量アップならなんとかなりそうなので320kbpsに変えようかな。
posted by はぐリン at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

PIANO FORTE

自宅で3段キノコは遮音性がありすぎてコミュニケーションに困るので、ヘッドフォンブックのオマケのオープン型のイヤホンPIANO FORTEを使ってみた。

独特な形状(外観は製品版のPIANO FORTE IIとほとんど同じ。色が違うだけなのかも)をしているが、アップルインナーよりも装着性はよく、ずれづらいのでなかなかグッド。ただし長時間装着していると耳が痛くなってくる。

音質は・・・うーん、なんというか、生楽器の音はすごくいいね、これ。ピアノとかドラムとかアコギとか。
そのかわり、ボーカルがこもって聴こえる。なんか風呂場の中で歌ってるみたいだ。
解像度とかクリアさとかとは対極のイヤホンって感じである。
鳴らし込むと多少は良くなるのかな。

でもまあ、聴き疲れしない音なので、自宅でたまに使う分には面白いイヤホンなのかも。
posted by はぐリン at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

MP330

AACエンコードのビットレートを192kbpsに上げたので、1GBシャッホーに入りきらなくなってしまったため、1つのDAPに入れたい楽曲を全て入れて持ち歩けるように容量の大きいのを買ってきた。

買ったのはTranscendのMP3プレイヤーMP330の8GBモデル(TS8GMP330)である。この容量のDAPではおそらく一番安いモデルだと思う。そのわりにボイスレコーダーやFMラジオなども使えて多機能である。
自分の入れたい容量は4GBあれば足りているんだけど、4GBモデルと8GBモデルの価格差が1K程度(2GBと4GBの価格差はなんと0.3K。これで誰が2GBモデル買うんだろう?)なので、大きいことはいいことだということで8GBモデルにした。

曲の転送は、シャッホーみたいにソフト使ってクリック一発ではなく、パソコンにUSB接続して手動でファイルコピーする。そのためフォルダー構成も自分で考えて作る必要がある。
まあ、自分のやりたいようにできるので、こっちの方が便利かも知れない。

再生できるファイル形式は、カタログスペックでは「MP3、WMA、FLAC、WMA-DRM10 (保護音楽ファイル)、WAV フォーマットに対応」となっているが、実際にはiTunesでリッピングしたAAC(m4a)でもそのまま再生できる。

いまのところ、フォルダ構成はアーティスト名\アルバム名\曲名.m4aというようにしている。

再生方法は、ノーマル、1曲リピート、全曲リピート、全曲ランダム、フォルダ再生、フォルダリピート、フォルダランダムが選べるが、この中のフォルダ○○はフォルダを選択するのでなく、選択した曲のフォルダが対象になる仕様のようで、少し使いづらい。

プレイリストも作れるが1つだけなので、対応しているM3U、PLA、WPLフォーマットのプレイリストのうちiTunesで作れるM3Uを試してみたが、どうもうまくいかない。
パスの指定に何か決まりがあるのかな?


とりあえず、転送したZARDの曲を、アップルのインナーイヤーイヤホン(シャッホー付属のヤツ)で聞いてみたが、高音がシャカシャカしてボーカルほとんど聞こえないじゃん・・・
価格.comのレビューとか見ると温室いいって評判なんだけど、こんなのなの?、と後悔しまくりんぐかと思ったが、アップルインナーイヤーのジャックの接触不良が原因でした。ジャックをグリグリしたらまともに聴こえるようになりました。イヤホンジャックには金メッキ必要だなと再確認しました。

そんで、まともなのを聴いた感じは(イコライザーもついてるけどオフ)、シャッホーよりもかなり明るい音色で、アップルインナーイヤーでもなかなかいい音を鳴らします。
音量はMP3Gainを使って93dBに下げてあるのだが、それでも2/10くらいで十分な音量となってしまうため、音量の微調整ができない。もっとGainを下げた方がいいのかな。ハイインピなオーバヘッドでも十分音量が取れそうである(持ってはいないが)。
続きを読む
posted by はぐリン at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

イヤーチップの話

3段キノコ小(ER6I-15SM)が少し黄ばんできたので、水洗いして今日は干してます。そのため、今日は代わりにスポンジ(ER6I-14F)を使用してみた。
キノコと違ってでかいためあまり奥に入らないので、イヤホン本体が耳から飛び出している格好になる。まだつっこみがたりないのかな。

キノコの場合、つっこんでからの深さや角度の調整が必要になるので結構時間がかかるんだけど、スポンジだとつぶしておいてギュっと耳につっこむだけなので装着は簡単である。

自分の場合、耳穴の大きさが左>右で、右耳は小キノコがフィットするんだけど、左耳がなかなかフィットせず一段目のキノコが曲がってしまうのか角度調整がなかなかシビア。左耳だけER6I-18にすると浅い位置でフィットはするんだけど、一段目のキノコが曲がってしまうのか音量が小さくなる。

そう考えるとスポンジチップの方が自分には合っているのかも知れないけど、なんか敗北感があるなぁ。純正品でなくコンプライでも買ってみようかな。

装着性 キノコ < スポンジ
装着感 キノコ < スポンジ
見た目 キノコ > スポンジ(装着した際のこと。イヤホンの外観だと逆かなぁ)
遮音性 キノコ > スポンジ
低音質 キノコ = スポンジ
高音質 キノコ < スポンジ
解像度 キノコ = スポンジ
定位感 キノコ < スポンジ
コスパ キノコ > スポンジ(スポンジは耐久性低そう)

音質関係が総じてスポンジの方がいいのは、キノコがジャストフィットしてないせいだと思います。続きを読む
posted by はぐリン at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

エンコードのビットレート

DAPが1Gのシャッホーと貧弱容量なので、リッピングはiTunesで特に設定は変えずにAAC128kbpsで行っているが、ER-6iを使い始めてから圧縮音源のアラが耳に付くようになってしまった。

ビットレートを上げれば音質は良くなるが、その分容量を食うため、どの程度のビットレートにすれば音質低下を気にせずに聴けるか試行錯誤する必要があるようだ。(まあ、もっと容量の大きいDAPを買えば320kbpsにして解決する話なんだけどね。)

とりあえず実験ということで、尾崎豊のライブアルバム4枚(LAST TEENAGE APPEARANCEと約束の日でどちらも2枚組)をAAC256kbpsでリッピングして512Kシャッホーに転送(結構ぎりぎり容量である)。

自宅で3段キノコは疲れるのでオーテクのATH-CK31を使って土日にわたって視聴。

昔使ってた頃は、

肝心の音に関しては、FX55はヴォーカルの音が若干引きこもり気味なのに対して、CK31はヴォーカルが前面に出てくる感じです。FX55にあるような篭り感はなく、軽快な感じで音が鳴ります。楽器の音は、FX55の方が繊細でCK31は雑な感じに思います。

なんてことをのたまっていたのですが、今回久しぶりに使ってみて印象が逆転しました。イヤーピースは純正品でなくE2C用のソフトフレックスですが、低音バンバンの篭もったイヤホンに感じました。(だいぶエティモ音に脳エージングされているようだ)バスドラの音圧がガンガン耳に響くため、聴き疲れします。自分は低音厨ではないんだなぁと思いました。

エンコーダーがソースを圧縮する際には、設定ビットレートにより低〜中音部はさほど変わらないけど、高音部に影響が大きく出る。一番聞き分けやすいのはハイハットの音かな。
AAC256kbpsのエンコードだとハイハットの音が結構いい感じに鳴っている(128kbpsだとちょっと歪んだ感じになるのと、ボーカルが少し引っ込んだ感じになる)し、全体の雰囲気も悪くない。128kbpsの倍のファイルサイズになるのはちょっときびしいので、もうちょっとビットレートを落としたいため、しばらくこの音を楽しんだ後、次は192kbpsを試してみようかなと思う。

ちなみに、ER-6iとAAC256kbpsの組み合わせでライブ録音の曲を聴くと、ホールのどのあたりで録音したかがなんとなく感じられます。「LAST TEENAGE APPEARANCE」ではステージと同じフロアの前の方(最前列ではない)、「約束の日」の「15の夜」はステージよりも高い所(2F客席かな)で録音した音のように感じます。「約束の日」のほかの曲はまだ聴いていないため不明だけど、「15の夜」と他の曲とはなんとなく録音状態が違うような気がします。この聞き分けはATH-CK31では無理なようです。
posted by はぐリン at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘッドフォンブック2011

今年のヘッドフォンブックになにやらオマケでイヤホンが同梱されているとの噂を耳にした。
発売日が12/14とのことで、今更本屋に残っているか微妙だが、昨日ラクダ書店で探してみた。(価格.comのPIANO FORTE IIの口コミを見てみたら、なにやら売り切れっぽい感じ)

・・・1冊だけ残ってたので即ゲット。

付録はFinal audio design社のPIANO FORTE Iというオープンタイプ?のイヤホンでネットでの評判は悪いみたいですね。でも、この機会でしか手に入らない機種のようなので手に入れておくのも面白いと思います。ちなみに同じ製品っぽいPIANO FORTE IIは3Kくらいの値段のイヤホンらしいので、それが書籍と合わせて2Kで手に入ることになるのでお得感はある(書籍のみが1Kと考えるとイヤホンが1K)。

ダイナミック型でドライバーユニットが大きめなため、かなり鳴らし込まないとまともな音が出なさそうな感じなので、それで評判が悪いのかも知れないね。
posted by はぐリン at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

雑記

数日前にER-6iの遮音性について、


【外音遮断性】★★★
言われているほどではないと思う。そこそこ外音は聞こえます。


てな事を書きましたが、本日、地下鉄を待ってる時に目を閉じて音楽に没頭してたら電車が来たことに気付かずに乗り過ごしました。


今度からはちゃんと目は開けていようと思った。
posted by はぐリン at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

ER-6iの上位機種のお話

ETYMOTIC RESEARCH社製イヤホンのラインナップは同社のWEBサイトで見ると

mc5™ earphones $79
6i Isolator Earphones $99
hf5™ earphones $129
ER•4 MicroPro™ Series $299

の4種類。その他にもmc3、hf3、hf2がありますが、これらは上記4種にケーブルの途中にマイクやらボリュームコントローラーの付いたものなので基本的には同じもの。

ER•4シリーズのうち、ER-4Sはカナル型イヤホンで最高音質と誉れ高い至高のイヤホンといわれている逸品。デザインは一見野暮ったいが、名品のオーラというか凄みが感じられるものです。昔はドライバ部から赤・青のコードが出ているデザインでしたが、現在は黒一色になってます。
etymotic-er-4s_m.jpg
(旧ER-4S)

装着は結構深く耳に突き刺すのですが、ドライバ部が長いので耳からかなり突き出ると思います。ちなみに、これ、赤のモデルと青のモデルがあるのではなく、右耳用と左耳用で色が違うんです。どっちがどっちの色かは知らない。昔、電車の中でこの赤青をつけてる人を見たことありますが、かなり滑稽でした。自分はこれをつけて電車に乗れる自信はありません。


mc5のデザインはこれに比べるとカラフルで現代風なのですが、あまりにテカテカ(メタリック)なのでちょっとお下品です。日本での販売価格は6iより高いが、メーカー定価は逆なんですね。まあドライバがバランスド・アーマチュア(BA)型ではなくネオジウムマグネシウムドライバなので、これ買うくらいなら他のメーカーのを買うだろうけど。


hf5-slide1.jpg
hf5は後発モデルなので、デザインはこの中では一番かっこいいです。また色合いもつや消しなのでシックです(上の画像のように黒・青・赤のモデルがあります)。ちょっと前までは$149でしたがつい最近値下げしたみたい。$1=83円で計算すると10,700円程度となかりお買い得な価格になるのですが、まだ日本での販売価格はそこまで下がってないです(サウンドハウスで13,800円)。


性能比は6i<<hf5<ER•4といった感じかと思います。

ER•4はドルレート計算値よりも日本での販売価格は安いのでお買い得といえる。まあ、それでもイヤホンに2万円近く出す人はそんなにはいないと思うが。
hf5が6iやER•4のようにドルレート計算値よりも販売価格が安くなったら、1万以下になると思われるのでかなりコストパフォーマンスの高い機種になるんだけどな。
posted by はぐリン at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

ER-6iその後

ER-6iを2週間ほど使ってみてのレビューです。

【デザイン】★★★★
装着すると本体はほとんど耳穴の中に隠れてしまいますが、3段キノコ(小)がついた形が気に入ってます。あまりに小さいため外す時につかみにくいのがマイナスポイントです。


【高音の音質】★★★★★
シャリつかずキレのある綺麗な音質です。


【低音の音質】★★★★
量はないが引き締まった音質です。


【フィット感】★★★★
3段キノコ(大)も使ってみましたが、どうやら自分には小キノコが耳穴にあっている模様。かなり深く入れるため、装着したまま歩いてもズレたりはしません。また、耳穴がエージングされたのか違和感などもなくなりました。


【外音遮断性】★★★
言われているほどではないと思う。そこそこ外音は聞こえます。ただし、外音は聞いてる音楽のジャマになるほどの音量ではありません。スポンジタイプのイヤーチップにすると変わったりするのかな?


【音漏れ防止】★★★★
多分音漏れはないでしょう。


【携帯性】★★★★
ケーブルが細いので取り回しはラクです。ケーブル長が1.5mと長いがマジックテープでまとめて付属ポーチの中に仕舞っています。ついでにiPod shuffleもポーチの中に入れています。


【総評】★★★★
エティモ音には習慣性があり、耳にはまっていないと禁断症状が出ます(笑
あと、上位機種がどんな音色を奏でるのかものすごく気になり始めます。
多分、次に買う時は、さすがにER-4シリーズは買わないと思うが、hf5は買っちゃいそうな気がします。
posted by はぐリン at 19:31| Comment(1) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

ER-6i

円高ドル安のおかげか、以前に比べてEtymotic Research社のカナル型イヤホンER-6iが安くなっていたので、来週Mr.Childrenの新譜がリリースされるのに合わせてイヤホンを新調してみた。
こんなヤツです↓
er6i-blk.jpg
同社の同価格帯にはER6という製品もあるが、高インピーダンスなのでiPodには合わなさそうなため、こちらを選択した。
価格.comのレビューのような感じでちょっと書いてみると、

【デザイン】
コンパクトで面白い形をしていて気に入ってます。ただ、本体が小さいので装着する時につかみにくいです。

【高音の音質】
まだエージング期間中かもしれないが、キレのあるきれいな音を鳴らしてくれます。

【低音の音質】
ベースの音などもしっかり聞き分けられてよい感じです。変に強調されずタイトな低音で好感が持てます。

【フィット感】
とりあえずデフォルトで付いてた小さい3段キノコで使ってますが、あまりしっくりこない。他のイヤーチップも試してみる予定。

【外音遮断性】
サウンドハウスなどのレビューに書かれているほどの遮音性はないが、おそらくイヤーチップが自分に合ってないせいかと思われます。製品には4種類のチップが付属してますが、オプションのER6I-14Aなんかが自分には合いそうな気がする。3段キノコが好きなんだけど、とりあえず、付属のER6I-14F(ちょっと大きくないかい)を試してみよう。

【音漏れ防止】
以前使っていたイヤホンと同じ音量設定で前よりしっかり聞こえますので音漏れはなさそう。

【携帯性】
ケーブルが1.5mとちょっと長めでじゃまくさいが付属ポーチはいい感じです。

【総評】
曲によってはこれまで使っていたイヤホンでは聞こえなかった音が聞こえたりして、聞いていて楽しいです。こもり感がなく伸びやかな音が頭の中に広がる感じです。
posted by はぐリン at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

SENNHEISER CX300到着

2月の初旬にサウンドハウスで注文して、配送は2ヵ月後という通知が来たが、その後、何回か発送予告メールが来て、結局、昨日手元に届きました。
注文した時は「BLACK」しかなかったが、今見ると「SILVER」も扱うようになったみたいだ。音には全く関係ないが「SILVER」の方がよかったなぁ。

SENNHEISERの製品は初めての購入なのですが、何だ、このパッケージは!
どこから開けるんだよ、コレ。
指、怪我したじゃねーか。

このイヤホンは、日本製のカナル型と同様に3サイズのゴム製イヤーパットが付属するのだが、はなから純正パットを使う気はさらさらないので、E2cのスポンジパットに付け替えたが、はめるのに結構苦労した。

エージングはまったくせずに本日から使い始めた。

音は・・・

うお、使い初めからFX55改よりも良い音ではないか。低音もしっかり聴こえるし、定位も若干CX300の方がいい感じ。

音質 CX300>FX55改>CK31
定位 CX300>FX55改>CK31
遮音性CX300>FX55改=CK31(それほど差がある訳ではない)
コードCK31>CX300>FX55改(U字コードは好かん)
装着性CK31>FX55改>CX300

コードはCX300とFX55はどちらもU字コードなのですが、CX300の方が細いので取り回しがらくです。
装着性は、CX300はその形状から耳の中へ押さえ込みにくいですが、装着しちゃえば関係ないので、それほどマイナスポイントではないです。
posted by はぐリン at 21:56| Comment(1) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

SENNHEISER CX300

価格.comなどでCX300の評判がすこぶる良さそうなので、サウンドハウスでポチッとしてみたら配送されるの2ヵ月後だそうで...。

E2Cのスポンジチップは装着できるみたいだし、その方が遮音性が上がるようなので純正のイヤーチップは最初から使わないんだろうな。
posted by はぐリン at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

audio-technica ATH-CK31

カナル型イヤホンのaudio-technica ATH-CK31を買いました。このシリーズはCK31とCK32の2種があり、違いはコードの長さだけです。ちなみにCK31は0.6m、CK32は1.2mのコード長です。

これまで使用していたVICTOR HP-FX55との違いは...

FX55はオープン価格なので定価の比較はできませんが、売値はCK31の方が若干安いですが、値段が安いにもかかわらずCK31にはポーチが付属しています。
肝心の音に関しては、FX55はヴォーカルの音が若干引きこもり気味なのに対して、CK31はヴォーカルが前面に出てくる感じです。FX55にあるような篭り感はなく、軽快な感じで音が鳴ります。楽器の音は、FX55の方が繊細でCK31は雑な感じに思います。
全体的なバランスは、FX55がフラット(若干低音寄りかな)でCK31は高音が強調されている(FX55と比べて)と思います。FX55は穴塞ぎ等の改造を施しているため、低音は元気がいいのですが、それと比較するとCK31の低音はおとなし目です。ただし、エージングにより低音が今より出てくるようになることも考えられます。
音質云々を語るような値段のイヤホンではないとは思いますが、同価格帯のインナーイヤー型や耳掛型と比べるとコストパフォーマンスは高いと思います。

カナル型を選択する際の重要項目に遮音性がありますが、CK31はあまり遮音性は高くないです。純正のイヤーピースの問題かと、E2cの黒ピースに変えてみましたが遮音性は余り変わらないようです。

FX55とCK31最大の違いは、FX55がU字コードでCK31がY字コードなところ。カナル型の場合、装着すると耳にビシッとフィットしますので、コードに触れた場合のタッチノイズが半端でなく、耳にコードを掛けるように装着する(こうするとタッチノイズはほぼなくなります)のですが、U字型だと右のコード(長い方)が余り、左は長さが足らなくなるという不具合が生じます。Y字型の場合は何の問題もなく装着できます。

今後どっちを使い続けるかというと...CK31かなぁ。Y字コードなので。
posted by はぐリン at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

続々Victor HP-FX55

現在、HP-FX55にSHURE E2C用のスポンジチップ(PA752S)を付けて使っているのですが、遮音性がSONYのEXチップよりも悪いように思います(電車の車内放送が前よりよく聞こえる)。これの原因は、スポンジチップのせいでなくサイズが合っていないためな気がします。
装着時に右耳はぎゅっと押し込むような感じなのですが、左耳はすぽっと入るので、どうやら左耳はMサイズでないと駄目なようです。スポンジチップはSサイズしか購入していないため、とりあえずウルトラソフトフレックススリーブ(PA749A)を使い右Sサイズ,左Mサイズにしてみようと思います。

自宅で装着してみた感じは、装着して「あ〜〜〜」と声を発すると、スポンジチップの時よりも頭の中に声が響く(両耳を指で塞いで声を出したような感じです)ので、結構良さそうです。
posted by はぐリン at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

続Victor HP-FX55

チップをSONYのEXチップに換装&穴塞ぎして使っているVictor HP-FX55ですが、評判通り遮音性は低いのでチップを違うものに換えてみる事にしました。
どこのメーカーのものにするか迷いましたが、遮音性では定評のあるSHURE E2C用のチップを取り寄せてみました。

買ったのは「ウルトラソフトフレックススリーブ」(PA749A)と「フォームイヤーパッド」(PA752S)の2種。

★ウルトラソフトフレックススリーブ
一応、SML各サイズが1個ずつのものを購入。装着感や遮音性はSONYのEXチップよりも良好です。音も若干変わるようですが、よく分かりません(汗

★フォームイヤーパッド
こちら(オレンジ色のスポンジのヤツです)はSサイズ×5ペアのものを購入。HP-FX55にこれを装着するのにちょっと苦労するかも。
若干高音寄りの音に変わるようです。装着感は個人的にはこれが一番いいかも。遮音性は「ウルトラソフトフレックススリーブ」とそれほど変わりはないです。
posted by はぐリン at 11:34| Comment(0) | TrackBack(1) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

Victor HP-FX55その後

2月の初めの頃に購入したイヤホンのVictor HP-FX55ですが、カナル型のわりに穴ぼこがいっぱい開いているため(かどうか分かりませんが)、他のカナル型に比べると音洩れが多いように思います(それでも開放型よりは少ないですけど)。
使うのは主に電車の中ですので、あまり音洩れするのは困るため瞬間接着剤で穴をすべて埋めてみました。

埋めてみた結果、音洩れは少なくなりましたが音が...うわ〜こもった。困ったものだ(笑
あまりにこもった音になってしまったので、コンパスの針で2つずつ小さい穴を開けてみたのですが改善されず。
「しょうがない。買い換えるか」と思いつつ使っていたのですが、使っているうちに音が改善されてきました。

穴埋めした後は、何故だか再度のエージング期間が必要になるみたいです。
続きを読む
posted by はぐリン at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。