2008年05月12日

レベル4チューナー

現存するレベル4のチューナーは2種。

霞の谷の戦士 ★★★★ 風 ATK/1700 DEF/300
【鳥獣族・チューナー】
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、このカードとの戦闘で破壊されなかった相手モンスターは、ダメージステップ終了時に持ち主の手札に戻る。

フレムベル・マジカル ★★★★ 炎 ATK/1400 DEF/200
【魔法使い族・チューナー】
自分フィールド上に「A・O・J」と名のついたモンスターが存在する限り、このカードの攻撃力は400ポイントアップする。

どちらもDTのカードである。
今のところシンクロに属性は関係ないし、どちらもマイナー属性なので属性による優劣はない。

種族で見ると、鳥獣族は「ゴッドバードアタック」が使え、魔法使い族は「ディメンション・マジック」「マジシャンズ・サークル」が使えるといった違いになる。

ステータスでは、「霞の谷の戦士」の攻撃力1700は準アタッカークラスであり、対する「フレムベル・マジカル」は攻撃力1400と幾分心許ない数値である。ただし攻撃力が低い分、リクルーターで特殊召喚できたり「クリッター」でサーチできたりする。

効果はというと「霞の谷の戦士」はなかなか有能な効果を持ち、「フレムベル・マジカル」の効果は状況が限定されすぎてバニラ同然といえる。

デッキの投入率では、「霞の谷の戦士」はよく見かけるが、「フレムベル・マジカル」を使っている人は見たことないなぁ(笑


レベル4のチューナーの役割は、レベル8のシンクロがメインであるはず(レベル5や6のシンクロ目的でレベル4のチューナーを採用すると、シンクロする相棒のレベルが1とか2になりデッキが弱体化する)であり、レベル8で呼び出す頻度が高いのは、

スターダスト・ドラゴン>レッド・デーモンズ・ドラゴン>ギガンテック・ファイター=メンタルスフィア・デーモン

と考えられる。

「スターダスト・ドラゴン」をシンクロするのが目的の場合、「スターダスト・ドラゴン」自身には効果破壊を回避する能力があるため、相手が「奈落の落とし穴」を伏せていてもさして問題ないが、チューナーを場に出した時に発動されたらシンクロどころではない。
このため「スターダスト・ドラゴン」のシンクロをメインに考えているデッキの場合、奈落に落ちる「霞の谷の戦士」よりも、奈落に落ちない「フレムベル・マジカル」の方がいいと思うんだけどどうだろうか。

やっぱ「フレムベル・マジカル」の場合、イラストがアレだから誰も使わないのかなぁ。
不憫なヤツだ。
posted by はぐリン at 23:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マジカル・アンドロイドとサイコ・ヘルストランサーとは相性が良いのでしょうか?
Posted by 芝さん at 2008年11月30日 19:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。