2006年12月24日

痛み分け

痛み分け 通常魔法
自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げる。相手はフィールド上モンスター1体を生け贄に捧げなければならない。

最近は新カードばかり追っている感じなので、たまには古いカードでも取り上げてみようかなと。
このカードの利点は、相手モンスターを破壊しないので「ネフティスの鳳凰神」などの効果が発動しないのと「我が身を盾に」をチェーンされないこと。どちらも最近あまり見ないカードなので利点になるかどうか微妙だが(「ネフティスの鳳凰神」はモグラの登場により思い切り弱体化してかわいそうなくらい)。あと、相手モンスターの表示形式に関係なく除去できること。
欠点は1対2交換でアド損なこと。これ使うんなら「ライトニング・ボルテックス」や「地砕き」の方が確実に有利。あと、相手の場に複数体のモンスターがいる場合、どちらを生け贄にするかは相手が決めるので、こちらが除去したいモンスターを確実に除去できないこと。

このカードとコンボになるカードは「ダンディライオン」がある。「ダンディライオン」を召喚もしくは守備セットして「痛み分け」で生け贄にすれば「綿毛トークン」2体が場に残るので、召喚権を使っているもののノーコストと同等になるし、さらに「痛み分け」を発動する事も可能である。
同様に「クリッター」をコストにすれば、手札アドだけ見ればノーコストになる。ただし、自分の場ががら空きになる可能性は否めないので、「血の代償」の併用が必要になる。
「痛み分け」は無制限カードなのでデッキに3枚投入可能であるが、上記のカードは全て制限カードなので、毎回手札に揃うとは思えない。

これらを踏まえて「痛み分け」を有効に使うためには、召喚権と手札消費の2つを解決する必要がある。

そこでアンデットデッキはどうだろうかと。

召喚権については、アンデットデッキには「ミイラの呼び声」という便利なカードがある。永続魔法なので場に残っていれば何回でも効果を使用できる。
手札消費については、コストに「ゴブリンゾンビ」を使用する事で「クリッター」と同様に手札補充ができるのでアド損を軽減できる。
さらに「痛み分け」により両者のモンスターが墓地に送られるため「生者の書−禁断の呪術−」の発動条件を満たしやすくなる。また「生者の書−禁断の呪術−」で特殊召喚したモンスター自体も「痛み分け」のコストとして使用できる。

てな訳で「痛み分けアンデット(ワイト)」は以下のように組みあがった。

《モンスター 19枚》
【上級 3枚】
龍骨鬼×2 ヴァンパイア・ロード
【下級 16枚】
再生ミイラ×2 ネクロフェイス ピラミッド・タートル×3 ゴブリンゾンビ×3 魂を削る死霊 ワイト×3 ワイトキング×3

《魔法カード 16枚》
サイクロン ミイラの呼び声×2 ライトニング・ボルテックス 強制転移 光の護封剣 生者の書−禁断の呪術−×3 洗脳−ブレインコントロール 早すぎた埋葬 大嵐 痛み分け×3 天使の施し

《罠カード 5枚》
リビングデッドの呼び声 激流葬 死のデッキ破壊ウイルス 聖なるバリア−ミラーフォース− 破壊輪
-- Duel-CGI Deckdata format --
龍骨鬼
龍骨鬼
ヴァンパイア・ロード
再生ミイラ
再生ミイラ
ネクロフェイス
ピラミッド・タートル
ピラミッド・タートル
ピラミッド・タートル
ゴブリンゾンビ
ゴブリンゾンビ
ゴブリンゾンビ
魂を削る死霊

ワイト
ワイト
ワイト
ワイトキング
ワイトキング
ワイトキング

サイクロン
ミイラの呼び声
ミイラの呼び声
ライトニング・ボルテックス
強制転移
光の護封剣
生者の書−禁断の呪術−
生者の書−禁断の呪術−
生者の書−禁断の呪術−
洗脳−ブレインコントロール
早すぎた埋葬
大嵐
痛み分け
痛み分け
痛み分け
天使の施し

リビングデッドの呼び声
激流葬
死のデッキ破壊ウイルス
聖なるバリア−ミラーフォース−
破壊輪


posted by はぐリン at 16:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
痛み分けってテキスト不備で「相手はフィールド上モンスター1体を生け贄に捧げなければならない。」
⇒自分か相手のモンスターを生贄にできる。

ってのがありましたね・・・
Posted by カイクウ at 2006年12月29日 09:51
こんにちは。
確かに相手が生け贄に捧げるモンスターの場所は指定されていないですね。
でも、それってデフォルトのルールが適用されるだけだと思いますのでテキスト不備とは思いませんが。
(デフォルトルール:生け贄やコストは指定がなければ自分の場や手札)
Posted by はぐリン at 2006年12月29日 19:53
テキスト不備という書き方が不適切でしたね。
Posted by カイクウ at 2007年01月02日 14:11
遊戯王の場合はルールを決める機関(OCG事務局)が存在しますので、テキストは多少言葉足らずの方が、事務局の自由度が増えてバランスが取りやすくなる思います。
Posted by はぐリン at 2007年01月02日 17:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。