2006年11月04日

リバース効果の処理

リバース効果モンスター全85種のうち強制発動するものが79種あり、任意発動は6種のみと少数派である。これらのうち発動時に対象を取る効果は41種あり、うち強制発動が38種、任意発動が3種となっている。

以前は、強制発動でも発動時に正しい対象が存在しない場合は、リバース効果自体が発動しないという裁定だったが、「死霊騎士デスカリバー・ナイト」の影響により(調整中を経て)裁定が変更され、現在は対象が存在しなくてもリバース効果が発動して効果は不発となることになっている。
ただし、この裁定も「聖なる魔術師」の場合の回答で、実際に他のリバース効果モンスターに関しても同じかどうかは定かでない。また、任意発動の場合も対象が存在しなくても発動できるのかも知れないがそういった回答は見たことないので、できないということでいいと思う。

うちのデュエルCGIでは、このあたりの処理は以前の裁定の動作になっているので、強制発動の対象を取る38種については修正が必要になる。ただ、影響するのがデスカリが反応して自爆するかどうかだけなので、どうでもいいっちゃあいいのだが。


墓地に魔法カードがない時にデスカリが裏側表示のセイマジに攻撃

・対象ないけどリバース効果が発動しデスカリで無効化(正規ルール)
・対象ないのでセイマジ発動せず単に戦闘破壊(現行のCGI)

【強制発動の対象を取る38種】
青い忍者
カードを狩る死神
ハネハネ
人喰い虫
聖なる魔術師
闇の仮面
トラップ・マスター
ドッペルゲンガー
ダーク・アイズ・イリュージョニスト
王座の侵略者
朱い靴
爆弾かめ虫
トルネード・バード
物資調達員
電磁ミノ虫
聖なる守り手
デーモン・テイマー
ドラゴン・ライダー
X・E・N・O
墓守の番兵
ディメンション・ポッド
執念深き老魔術師
尾も白い黒猫
デスグレムリン
赤い忍者
爆風トカゲ
混沌の呪術師
砂バク
深淵の暗殺者
幻惑のラフレシア
使徒喰い虫
ブレイン・ジャッカー
白い忍者
地霊使いアウス
水霊使いエリア
風霊使いウィン
火霊使いヒータ
エーリアン・グレイ


posted by はぐリン at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。