2006年10月30日

無情の抹殺

無情の抹殺 通常魔法
自分フィールド上のモンスター1体を選択して墓地に送り、相手の手札をランダムに1枚墓地へ送る。

・相手の手札が0枚の時は発動不可
・自分フィールド上のモンスター1体を対象に取る
・罠モンスターを対象に選択可能
・自分フィールド上のモンスターを墓地へ送るのは効果
・効果解決時に対象モンスターが存在しなかった場合は効果不発
・効果解決時に相手の手札が0枚になっていた場合は効果不発
・対象モンスターが魔法効果を受けない場合は?

・モンスターを対象とする効果なので「精霊の鏡」チェーン不可
・手札を捨てさせる効果ではないため「ヂェミナイ・デビル」チェーン不可
・手札を捨てさせる効果ではないため暗黒界モンスターは発動しない


このカードの効果は2つあり、1つ目は発動時に選択したモンスターを墓地に送ることで、2つ目は相手の手札をランダムに1枚墓地へ送ることで、効果不発というのは、このどちらも行なわれないという意味です。
モンスターの墓地送りが発動コストではないため、「マクロコスモス」や「次元の裂け目」などが場に出ていても発動可能で、効果も適用されます。

現在、対象モンスターにモンスタートークンを選択可能かどうかで、2種類の事務局回答が出ているみたいで、実際のところどうなのかよく分かりません。
デュエルCGIでは、当初はトークン可能としていましたが、とりあえずトークン不可に変更してます。


posted by はぐリン at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。