2006年08月27日

冥府の使者ゴーズ

冥府の使者ゴーズ ★★★★★★★ 闇 ATK/2700 DEF/2500
【悪魔族・効果】
自分フィールド上にカードが存在しない場合、相手がコントロールするカードによってダメージを受けた時、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。この方法で特殊召喚に成功した時、受けたダメージの種類により以下の効果を発動する。
●戦闘ダメージの場合、自分フィールド上に「冥府の使者カイエントークン」(天使族・光・星7・攻/守?)を1体特殊召喚する。このトークンの攻撃力・守備力は、この時受けた戦闘ダメージと同じ数値になる。
●カードの効果によるダメージの場合、受けたダメージと同じダメージを相手ライフに与える。


とりあえずイラストがカッコイイですが、どう見ても戦士族です。これって「R」で出てたんだっけ?全然記憶にない。

自分フィールド上にカードがない時に、戦闘ダメージか効果ダメージを受けた場合に手札から特殊召喚する効果。
例えば、自分の場に攻撃表示モンスター1体だけの時に、相手に戦闘でモンスターを破壊され超過ダメージを受けた場合、戦闘ダメージを受けるのは戦闘で破壊されたモンスターを墓地へ送るよりも前なので発動条件を満たせない。戦闘ダメージで特殊召喚する場合は、ダイレクトアタック時でないとダメって事です。

戦闘ダメージが発生するのはダメージステップなので、効果ダメージの方もダメージステップ時に発生したもので特殊召喚できるかというと、それは疑問である。まだ発売されていないカードなので事務局回答は存在しないが、おそらくは不可かな(っていうか、しばらくの間は調整中かな)。

似て非なる「冥王竜ヴァンダルギオン」より特殊召喚しやすそう。「破壊輪」が戦線復帰したので、効果ダメージでの特殊召喚機会もそれほど少なくはなさそうである。自分が発動した「破壊輪」じゃだめだけど。
※「破壊輪」はモンスター破壊と効果ダメージは同時扱いなので、「冥府の使者ゴーズ」を特殊召喚するタイミングは発生する。ただし、チェーン2以降で発動した「破壊輪」の場合は不可。

レベル7なので「突然変異」で「双頭の雷龍」「サイバー・オーガ・2」「竜魔人 キングドラグーン」「異星の最終戦士」「サイバー・ブレイダー」などを出せます。

テキストから判断すると、効果より特殊召喚した後に新たなチェーンとして追加効果が発動すると思われる。デュエルCGIへの実装はsub use_koka_3でやるのが正しそうな気がする(「冥王竜ヴァンダルギオン」も本来はこっちかも)。

<ルール疑問点>
・自身を特殊召喚する効果はチェーンに乗る?
・手札に複数枚の「冥府の使者ゴーズ」がある場合に全て特殊召喚可能?
・効果ダメージでの特殊召喚はダメージステップでも可能?
・効果ダメージを与える効果に「地獄の扉越し銃」をチェーン可能?


posted by はぐリン at 17:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

これは「テュアラティン」が付いていたジャンプ(種類は忘れました)に載っていた読み切りのに出てきたヤツですね。
たしか、早々にテュアラティンに破壊さてましたが(汗

個人的にはスピリットモンスターか亜空間物質転送装置と組み合わせて使いたいですね。攻撃力高いし、奇襲性高いですから
Posted by imo at 2006年08月27日 21:08
情報ありがとうございます。『ジャンプヒーローズ』に掲載された遊戯王Rで登場したカードなんですね。

探し出して久々に読んでみましたが、漫画では「冥府の使者ゴーズ」と「冥府の使者カイエン」は対のモンスターなのに、1枚にまとめられちゃったんですね、残念。両方カード化すればいいのに。
Posted by はぐリン at 2006年08月27日 22:21
そうですね、とても残念です。
ゴーズとシナジーさせてvジャンプの付録にすれば良かったかな、と思います。
Posted by imo at 2006年08月28日 09:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。