2011年01月12日

エンコードのビットレート3

一気に320kbpsは何となく無駄っぽいので、現在AAC256kbps(VBR)でお試し中。

AAC192kbps(VBR)ほど破綻しないし、1曲を通してそこそこボーカルの質感も保たれている。音が重なってくると多少薄くはなるが、地下鉄の騒音の中で聴く分にはほとんど気になるレベルではない。

自分の使用状況だとAAC256kbps(VBR)で充分なようである。


ちなみにAAC256kbps(VBR)にしてるのは女性ボーカルものだけである。
男のボーカルなら質感なんてなくてもいいし。
posted by はぐリン at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180376970
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。