2010年12月18日

オスカー2匹ゲット

今年の夏の猛暑のせいか金魚が1匹死んでしまったため45cm水槽が1つ空いているので、何か入れたいと思っていろいろ検討した結果、オスカーを飼ってみたくなった。

オスカーっていうのは通称(流通名)で、本名はアストロノータス・オケラタスというアマゾン川原産の魚である。ワイルド固体と改良品種(いわゆる養殖もの)のどちらもアクアリウムショップで売ってる。

ワイルド固体でも模様は1種ではなく採取された場所によってさまざまであり、ショップに入荷する数匹の中から模様などを吟味して買う感じ。
改良品種には、タイガーオスカー、レッドオスカー、アルビノオスカー、アルビノタイガーなどのバリエーションがあり、どの種類を買うかを決めて、同種10数匹の中から気に入った固体を買う感じである。

10年くらいは生きる魚なので、しっかり見て気に入った固体を買わないと後悔するはめになるので、固体選定は慎重かつ大胆に。


んで、買いに行く前は、タイガーオスカーとレッドオスカーを1匹ずつ買うつもり(どの魚でもそうだけどアルビノは個人的に好きではない)でショップに行ったんだけど、タイガーオスカーは気に入った個体がいたが、レッドオスカーにはいまいちピンと来る個体がいなかった。
少し離れた水槽にワイルド固体がいて、なかなかの模様でしかも安価だったので、当初の予定を変更しタイガーオスカーとワイルドオスカーを買ってきた。
AQ30.jpg
手前の少し大きいのがワイルドで、奥の赤い模様のがタイガーオスカーである。何故、赤と黒の模様なのに「タイガー」なのかナゾであるが、おそらくは赤単色のレッドオスカーに対して模様がまだらになるので「タイガー」としちゃったんだろうな。

ワイルド固体は写真では地味だが、実際のも地味である。成長してどんな模様になるかが楽しみである。
タイガーオスカーはというと、尾鰭のつけ根あたりにあるスポットの外周の模様が猫耳型(逆さだけど)なのが気に入ったところである(写真だと分かりづらいかな)。
AQ31.jpg

現状ではタイガーオスカーの方が少し小さいが、とりあえずはケンカせず仲良くしているのでひと安心。養殖ものの方が成長は早いと思うので、サイズの不揃いはすぐ解消されると思う。
エサは、ショップの水槽でワイルドが人工飼料(多分ヒカリキャット)を食べていたので、生エサを用意する必要はとりあえずはなさそうである。ちょっと大きくなったら、たまにはメダカとかの生エサもあげようかなとは思う。

とりあえずは45cm水槽での飼育となるが、成長速度は速そうなので、何ヶ月45cm水槽でいけるのか分からない。最終的には30cm程度にはなる魚なので、大きくなっちゃったら現在使っていない90cm水槽に移すつもりである。
posted by はぐリン at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アクアリウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173930372
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。