2010年12月05日

ER-6iの上位機種のお話

ETYMOTIC RESEARCH社製イヤホンのラインナップは同社のWEBサイトで見ると

mc5™ earphones $79
6i Isolator Earphones $99
hf5™ earphones $129
ER•4 MicroPro™ Series $299

の4種類。その他にもmc3、hf3、hf2がありますが、これらは上記4種にケーブルの途中にマイクやらボリュームコントローラーの付いたものなので基本的には同じもの。

ER•4シリーズのうち、ER-4Sはカナル型イヤホンで最高音質と誉れ高い至高のイヤホンといわれている逸品。デザインは一見野暮ったいが、名品のオーラというか凄みが感じられるものです。昔はドライバ部から赤・青のコードが出ているデザインでしたが、現在は黒一色になってます。
etymotic-er-4s_m.jpg
(旧ER-4S)

装着は結構深く耳に突き刺すのですが、ドライバ部が長いので耳からかなり突き出ると思います。ちなみに、これ、赤のモデルと青のモデルがあるのではなく、右耳用と左耳用で色が違うんです。どっちがどっちの色かは知らない。昔、電車の中でこの赤青をつけてる人を見たことありますが、かなり滑稽でした。自分はこれをつけて電車に乗れる自信はありません。


mc5のデザインはこれに比べるとカラフルで現代風なのですが、あまりにテカテカ(メタリック)なのでちょっとお下品です。日本での販売価格は6iより高いが、メーカー定価は逆なんですね。まあドライバがバランスド・アーマチュア(BA)型ではなくネオジウムマグネシウムドライバなので、これ買うくらいなら他のメーカーのを買うだろうけど。


hf5-slide1.jpg
hf5は後発モデルなので、デザインはこの中では一番かっこいいです。また色合いもつや消しなのでシックです(上の画像のように黒・青・赤のモデルがあります)。ちょっと前までは$149でしたがつい最近値下げしたみたい。$1=83円で計算すると10,700円程度となかりお買い得な価格になるのですが、まだ日本での販売価格はそこまで下がってないです(サウンドハウスで13,800円)。


性能比は6i<<hf5<ER•4といった感じかと思います。

ER•4はドルレート計算値よりも日本での販売価格は安いのでお買い得といえる。まあ、それでもイヤホンに2万円近く出す人はそんなにはいないと思うが。
hf5が6iやER•4のようにドルレート計算値よりも販売価格が安くなったら、1万以下になると思われるのでかなりコストパフォーマンスの高い機種になるんだけどな。
posted by はぐリン at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。