2010年11月02日

テレキアタッカー

TDGS-JP022
テレキアタッカー ★★★★ 地 ATK/1700 DEF/700
【サイキック族・効果】
サイキック族モンスターが破壊される場合、500ライフポイントを払い代わりにこのカードを破壊する事ができる。


六武衆のような破壊される自身の身代わり効果はなんとか作ってるんだけど、他のカードの破壊代理の作り方はこれまで思いつかなかった。
昨日、「コアキメイル・グールズスレイブ」を作ってみたら、なんとなく他のカードの破壊代理についてもどうやれば実現できるかなんとなく思いついたのでさっそく作ってみた。


<ルール>
■支払う500ライフポイントは、効果を適用させる為のコストとなります。
■フィールド上に存在するサイキック族モンスターと「テレキアタッカー」が同時に破壊される場合、「テレキアタッカー」を代わりに破壊する事はできません。
■「テレキアタッカー」の効果は、表側表示のサイキック族モンスターが破壊される処理を行う際に、プレイヤーの任意で適用する事ができる効果になります。(”発動”する効果ではなく”適用”する効果となり、チェーンブロックは作られません。)
■相手フィールド上のサイキック族モンスターが破壊される際に、自分フィールド上の「テレキアタッカー」を代わりに破壊する事もできます。


<発動>する効果ではないので「念動増幅装置」や「脳開発研究所」によってライフコストは踏み倒せない。
うちのCGIでは、相手の場のサイキック族に対しては効果は使えないです。


posted by はぐリン at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 実装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。