2009年06月04日

ANPRのよくある質問(抜粋)

Q.
「黒光りするG」の効果の発動にチェーンをして発動した「月の書」の効果によって、特殊召喚されたシンクロモンスターが裏側表示になる場合、「黒光りするG」の効果処理を行う時に、裏側表示になったシンクロモンスターを、破壊する事ができますか?

A.
特殊召喚されたシンクロモンスターが裏側表示になる場合、「黒光りするG」の効果によって、裏側表示になったシンクロモンスターを破壊する事はできません。

へー、そうなんだ。


Q.
「コアキメイル・フルバリア」の「コアキメイル」と名のついたモンスター以外の効果モンスター効果が無効になる効果は、適用された後に召喚されたモンスターの効果も無効化されますか?

A.
「コアキメイル・フルバリア」の効果処理が終了した後に、フィールド上に召喚されたモンスターの効果も、「コアキメイル・フルバリア」の効果によって無効化されます。

ふーん、そういう効果なんだ。前々から聞こうと思っていた質問なので聞く手間が省けた。


Q.
フィールド上に裏側表示で存在する「マインフィールド」が、相手モンスターに攻撃され、その戦闘によって破壊される場合、自分の墓地に存在するフィールド魔法カード1枚を手札に戻す効果を発動する事はできますか?

A.
裏側表示で存在する「マインフィールド」が攻撃され、戦闘ダメージ計算によって破壊される場合、「マインフィールド」の効果を発動する事はできません。

何故に?


Q.
「DNA改造手術」の効果によって、フィールド上に表側表示で存在するモンスターが魔法使い族となっている時に、「マジキャット」をシンクロ素材として使用し、元々の種族が魔法使い族以外のシンクロモンスターをシンクロ召喚した場合、「マジキャット」の、自分の墓地に存在する魔法カード1枚をデッキの一番上に戻す効果を発動する事はできますか?

A.
「マジキャット」をシンクロ素材として使用し、シンクロ召喚に成功したシンクロモンスターが、「DNA改造手術」の効果によって魔法使い族になる場合、「マジキャット」の効果を発動する事ができます。

これは、こうなるようには作ってないが直す必要あるのか?


posted by はぐリン at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。