2009年04月19日

Miso-G参戦記

えーっと、久々に入賞できたので参戦記書きます。

12名参加のスイスドロー3回戦です。

■1戦目:ゼノンさん(六部衆メタビート)××−
BF使うと思ってたので、今回、六部デッキにしたんだけど何故かゼノンさんはいつものデッキだった。
1戦目。強者ワンフーでモンスター召喚できずにずるずる負け。
2戦目。一時、こちらに形勢が傾くが手札に師範のスリーカードがそろってしまい他の六部衆を引けずに何もできなくなって負け。

■2戦目:網月零さん(アンデットメタビート)○○−
メタビ相手だと腐るカードが結構あるんだけど、なんでメタビばかりと当たるのか。
1戦目。ワンフー出されて苦戦するも、師範やザンジで戦闘破壊しつつ押していったら勝てた。
2戦目。六部衆の天敵である龍骨鬼に苦戦するも、ドローするカードの流れがよく何とか勝ちをひろった感じ。

■3戦目。ペーさん(凡骨ビート)○○−
バニラ主体のデッキなんだけど、何故か「柴戦士タロ」が入っていた。「チューン・ウォリアー」「ウォーター・スピリット」「ガード・オブ・フレムベル」などのバニラチューナーの存在を知らなかったらしい。
1戦目。「凡骨の意地」の効果で2枚くらいドロー追加して「青眼の白龍」とか出てきたけど、「くず鉄のかかし」でかわして「BF−疾風のゲイル」で処理。イロウや師範で殴り勝ち。
2戦目。またまた「凡骨の意地」を張られるも、ドローフェイズにバニラを全く引けなかったようで、追加ドローが全くなく、こちらは「六武衆の結束」でアド取って六部勝ち。このデュエルが一番六部衆っぽいデュエルだった気がする。

■雑記
結果は2勝1敗の勝ち点6で3位。賞品はANPR3パックで「黒光りするG」が当った。ラッキーである。
猫とかBFに当たらなかったので「超古代生物の墓場」が腐ること腐ること。「不協和音」も当たったので試しに入れてみたけど使う機会がなかった。大会終了後のフリーで「不協和音」は1回発動できた。

■使用デッキ
《モンスター 17枚》
【上級 3枚】
六武衆の師範×3
【下級 14枚】
六武衆−ザンジ×3 六武衆−イロウ×2 六武衆−カモン 終末の騎士×2 六武衆−ヤイチ×2 BF−疾風のゲイル×2 六武衆の御霊代 ゾンビキャリア

《魔法カード 15枚》
サイクロン ハリケーン 月の書×2 光の護封剣 死者蘇生 洗脳−ブレインコントロール 増援 大嵐 団結の力 六武衆の結束×3 六武衆の理×2

《罠カード 10枚》
くず鉄のかかし×2 威嚇する咆哮×3 激流葬 聖なるバリア−ミラーフォース− 超古代生物の墓場×2 不協和音

《エクストラデッキ 15枚》
レッド・デーモンズ・ドラゴン ゴヨウ・ガーディアン ギガンテック・ファイター メンタルスフィア・デーモン ダーク・ダイブ・ボンバー スターダスト・ドラゴン ミスト・ウォーム BF−アーマード・ウィング ブラック・ローズ・ドラゴン マジカル・アンドロイド 氷結界の龍ブリューナク BF−アームズ・ウィング X−セイバー ウルベルム A・O・J カタストル アーカナイト・マジシャン 

■サイドデッキ
《モンスター 3枚》
【下級 3枚】
六武衆−カモン 六武衆−ヤイチ 六武衆の御霊代

《魔法カード 3枚》
ツイスター×3

《罠カード 9枚》
マジック・ドレイン×3 群雄割拠×3 呪言の鏡×3


posted by はぐリン at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Miso-G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。