2008年10月19日

戦闘で破壊し墓地へ送った時

戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時に発動する効果には2種類あることに気付いた。

例えば「メンタルスフィア・デーモン」と「ハイドロ・ジェネクス」は同じ効果であるが少しテキストが違う。


「メンタルスフィア・デーモン」
このカードが戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時、破壊したモンスターの元々の攻撃力分だけ自分ライフポイントを回復する。

「ハイドロ・ジェネクス」
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、破壊したモンスターの攻撃力分だけ自分のライフポイントを回復する。


「ハイドロ・ジェネクス」の方には『相手モンスター』という指定があるのが違いである。

このテキストの違いは、「メンタルスフィア・デーモン」の場合は、自分の場のモンスターを戦闘破壊しても効果が発動するのに対して、「ハイドロ・ジェネクス」は自分の場のモンスターを戦闘破壊した場合には効果は発動しないという違いになる。

自分の場のモンスターに戦闘を仕掛ける機会なんて、こちらの攻撃を「マジック・ランプ」で跳ね返された時くらいなので、ほとんど起きない状況ではあるがデュエルCGIでは、そこまで考慮されていないため、テキストの違いを調べて対応した。

(実はCPU戦で「ゴヨウ・ガーディアン」の攻撃を「マジック・ランプ」で反射されてこちらの場のモンスターを破壊した時に、ゴヨウの効果が発動できたため気付いた次第である)

装備魔法でも、この発動条件の効果で同様な違いがあるが、ほとんど使われていないのでいまのところ未対応です。(調べてはある)


<相手モンスター限定のカード>
デス・ヴォルストガルフ
エメス・ザ・インフィニティ
ジャッカルの聖戦士
有翼賢者ファルコス
ガーディアン・バオウ
天界王 シナト
インフェルノ
ジャッカルの霊騎士
インフェルノ・ハンマー
ミレニアム・スコーピオン
ハイドロゲドン
降雷皇ハモン
ブレイン・クラッシャー
水面のアレサ
幸運の笛吹き
トラックロイド
アルカナフォースEX−THE LIGHT RULER
アルカナフォースVII−THE CHARIOT
X−セイバー ウルズ
ゴヨウ・ガーディアン
カオスエンドマスター
ハイドロ・ジェネクス
マンモ・フォッシル

<戦闘で破壊し墓地へ送った時>
ヴァンパイア・ベビー
ソードハンター
守護天使 ジャンヌ
KA−2 デス・シザース
ニードルバンカー
レガシーハンター
吸収天児
E・HERO フレイム・ウィングマン
E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン
E・HERO スチーム・ヒーラー
神竜−エクセリオン
ロイヤルナイツ
エーリアン・マザー
ヴォルカニック・デビル
ダークブレイズドラゴン
剣闘獣ゲオルディアス
E-HERO インフェルノ・ウィング
メンタルスフィア・デーモン
真紅眼の不死竜
C・リペアラー
フレムベル・グルニカ
A・O・J フィールド・マーシャル


posted by はぐリン at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | バグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。