2008年09月22日

ブラック・ガーデン

ルール系のサイトがのきなみ更新停止しているので、複雑な効果やルールのカードが非常に作りづらい。
効果を理解するため、自分用に少し「ブラック・ガーデン」のルールを取りまとめてみる。
公式FAQで検索すると「ブラック・ガーデン」で15件がヒットする。

ブラック・ガーデン フィールド魔法
「ブラック・ガーデン」の効果以外の方法でモンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、そのモンスターの攻撃力を半分にし、そのモンスターのコントローラーから見て相手のフィールド上に「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)1体を攻撃表示で特殊召喚する。自分はこのカードとフィールド上に表側表示で存在する全ての植物族モンスターを破壊し、破壊したモンスターの攻撃力の合計と同じ攻撃力のモンスター1体を自分の墓地から選択して特殊召喚する事ができる。

まず簡単な方の効果から。

自分はこのカードとフィールド上に表側表示で存在する全ての植物族モンスターを破壊し、破壊したモンスターの攻撃力の合計と同じ攻撃力のモンスター1体を自分の墓地から選択して特殊召喚する事ができる。
・破壊するのは効果で相手フィールドも含む
・墓地のモンスター1体を対象にとる効果
・効果解決時に破壊したモンスターの攻撃力の合計が違うと不発
・攻撃力のカウントはフィールド上での数値(装備カードのアップなど考慮する)

「ブラック・ガーデン」の効果以外の方法でモンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、そのモンスターの攻撃力を半分にし、そのモンスターのコントローラーから見て相手のフィールド上に「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)1体を攻撃表示で特殊召喚する。
・裏側守備表示でモンスターが特殊召喚された場合、攻撃力半分は適用されないが「ローズ・トークン」は出る
・表側表示で特殊召喚された時に「ブラック・ガーデン」が発動した場合は、そのモンスターが解決時に裏側表示になっていたら不発(トークンも出ない)
・「虚無魔人」などにより特殊召喚できない状況では「ローズ・トークン」は出ないが攻撃力半減は適用する。
・複数体が同時に特殊召喚された場合、それらすべてが攻撃力半減する(トークンは1体)
・「次元融合」などで両者の場に特殊召喚された場合は、両者の場に「ローズ・トークン」が1体ずつ出る
・「ローズ・トークン」の元々の持ち主はトークンの出た場とは反対のプレイヤーになる
・攻撃力が半減したモンスターは「ブラック・ガーデン」が場から離れてもそのまま(「収縮」でリセットされる)
・魔法効果を受けないモンスターに対して発動した場合でも「ローズ・トークン」は出る
・「ブラック・ガーデン」の(手札からの)発動に「王宮の弾圧」チェーン可能(発動時には特殊召喚効果はないが)当然、効果の発動に対しても可能
・フィールドに空きがなく「ローズ・トークン」が出せない場合でも攻撃力半減は適用される
・攻撃力半減とトークンを特殊召喚する効果は一連の効果でチェーンを組む
・攻撃力半減効果は、召喚・特殊召喚成功時のフィールド上での攻撃力の半分になる効果(数値固定型)


公式FAQを取りまとめるとこんな感じである。


あと自己判断では、

・チェーン2以降で特殊召喚した場合でも「ブラック・ガーデン」の効果は発動する

強制効果なので、特殊召喚効果を含むチェーンブロック完了後に新たなチェーンとして「ブラック・ガーデン」が発動すると思う。


・「ローズ・トークン」の特殊召喚に対して「激流葬」などを発動可能

攻撃力半減と特殊召喚は同時もしくは特殊召喚の方が後と思われるのでタイミングは逃さないと思う。
posted by はぐリン at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。