2008年08月10日

群雄割拠とDNA系

「群雄割拠」が適用されている時に「DNA改造手術」などの場のモンスターの種族を統一するような効果のカードを発動させると、「群雄割拠」の墓地送り処理の不具合によりデュエルが進行できなくなる。

「群雄割拠」の処理が「DNA改造手術」に対応していないというものだが、これまでこの2枚が同時に使われる事が少ないせいで表面化しないバグであった。
「DNA改造手術」に対応していないということは、当然ながら「アンデットワールド」にも対応していない。
「アンデットワールド」は使用頻度が高いカードなので、「群雄割拠」と被ってバグが表面化した。

直しついでに、「DNA改造手術」と「アンデットワールド」の発動順でどちらの効果が上書きされるかを正確に処理できるようにした。
posted by はぐリン at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | バグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。