2010年12月20日

ジャンフェス新カードのテキスト

PP13-JP001
ジャンク・フォアード 地 戦士 900 1500 3
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。


PP13-JP002
魔天使ローズ・ソーサラー 地 植物 2400 1300 7
このカードは「魔天使ローズ・ソーサラー」以外の自分フィールド上に表側表示で存在する植物族モンスター1体を手札に戻し、手札から特殊召喚する事ができる。この方法で特殊召喚したこのカードは、フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。


PP13-JP003
マシンナーズ・カノン 地 機械 0 2200 8
このカードは通常召喚できない。手札から機械族モンスターを任意の枚数墓地へ送った場合に特殊召喚する事ができる。このカードの攻撃力は、このカードの特殊召喚時に墓地へ送ったモンスターの数×800ポイントアップする。


PP13-JP004
重爆撃禽(げきん)ボム・フェネクス 炎 炎 2800 2300 8
機械族モンスター+炎族モンスター
自分のメインフェイズ時、フィールド上に存在するカード1枚につき300ポイントダメージを相手ライフに与える事ができる。この効果を発動するターンこのカードは攻撃する事ができない。この効果は1ターンに1度しか使用できない。


PP13-JP005
M・HERO(マスクドヒーロー) 剛火 炎 戦士 2200 1800 6
このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。このカードの攻撃力は、自分の墓地に存在する「HERO」と名のついたモンスターの数×100ポイントアップする。


PP13-JP006
M・HERO(マスクドヒーロー) ヴェイパー 水 戦士 2400 2000 6
このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。このカードは魔法・罠・効果モンスターの効果では破壊されない。


PP13-JP007
V・HERO(ヴィジョンヒーロー) アドレイション 闇 戦士 2800 2100 8
「HERO」と名のついたモンスター×2
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体と、このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する「HERO」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。選択した相手モンスターの攻撃力・守備力はエンドフェイズ時まで、選択した自分のモンスターの攻撃力分ダウンする。


PP13-JP008
スカー・ウォリアー 地 戦士 2100 1000 5
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手は表側表示で存在する他の戦士族モンスターを攻撃対象に選択する事はできない。また、このカードは1ターンに1度だけ、戦闘では破壊されない。


PP13-JP009
マスク・チェンジ 速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「HERO」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターを墓地へ送り、選択したモンスターと同じ属性の「M・HERO」と名のついたモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。


PP13-JP010
ヒーローアライブ 通常魔法
自分フィールド上にモンスターが表側表示で存在しない場合、ライフポイントを半分払って発動する事ができる。自分のデッキからレベル4以下の「HERO」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。




JF11-JP001
トークン(冥府の使者カイエントークン)


JF11-JP002
トークン(アスモ・ディウストークン)


JF11-JP003
トークン(ラヴァルトークン)


JF11-JP004
トークン(クリボートークン)


JF11-JP005
ジャンク・ディフェンダー 地 戦士 500 1800 3
相手モンスターの直接攻撃宣言時、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。また、1ターンに1度、このカードの守備力をエンドフェイズ時まで300ポイントアップする事ができる。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。


JF11-JP006
Sin スターダスト・ドラゴン 闇 ドラゴン 2500 2000 8
このカードは通常召喚できない。自分のエクストラデッキから「スターダスト・ドラゴン」1体をゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。このカードが表側表示で存在する限り、自分の他のモンスターは攻撃宣言できない。フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、表側表示で存在するフィールド魔法カードは効果では破壊されない。


JF11-JP007
ブーテン 光 天使 200 300 1
自分のメインフェイズ時に、墓地に存在するこのカードをゲームから除外し、自分フィールド上に表側表示で存在するレベル4以下の天使族・光属性モンスター1体を選択して発動する事ができる。選択したモンスターはフィールド上に表側表示で存在する限りチューナーとして扱う。


JF11-JP008
デス・ドーナツ 闇 悪魔 0 0 1
リバース:フィールド上に表側表示で存在する元々の攻撃力または元々の守備力が0のモンスターを全て破壊する。


JF11-JP009
素早いマンタ 水 魚 800 100 2
フィールド上に存在するこのカードがカードの効果によって墓地へ送られた時、自分のデッキから「素早いマンタ」を任意の数だけ特殊召喚する事ができる。


JF11-JP010
深海の怒り(レイジ・オブ・ディープシー) 水 魚 0 0 5
このカードの攻撃力・守備力は、自分の墓地に存在する魚族・海竜族・水族モンスターの数×500ポイントアップする。

posted by はぐリン at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンコードのビットレート

DAPが1Gのシャッホーと貧弱容量なので、リッピングはiTunesで特に設定は変えずにAAC128kbpsで行っているが、ER-6iを使い始めてから圧縮音源のアラが耳に付くようになってしまった。

ビットレートを上げれば音質は良くなるが、その分容量を食うため、どの程度のビットレートにすれば音質低下を気にせずに聴けるか試行錯誤する必要があるようだ。(まあ、もっと容量の大きいDAPを買えば320kbpsにして解決する話なんだけどね。)

とりあえず実験ということで、尾崎豊のライブアルバム4枚(LAST TEENAGE APPEARANCEと約束の日でどちらも2枚組)をAAC256kbpsでリッピングして512Kシャッホーに転送(結構ぎりぎり容量である)。

自宅で3段キノコは疲れるのでオーテクのATH-CK31を使って土日にわたって視聴。

昔使ってた頃は、

肝心の音に関しては、FX55はヴォーカルの音が若干引きこもり気味なのに対して、CK31はヴォーカルが前面に出てくる感じです。FX55にあるような篭り感はなく、軽快な感じで音が鳴ります。楽器の音は、FX55の方が繊細でCK31は雑な感じに思います。

なんてことをのたまっていたのですが、今回久しぶりに使ってみて印象が逆転しました。イヤーピースは純正品でなくE2C用のソフトフレックスですが、低音バンバンの篭もったイヤホンに感じました。(だいぶエティモ音に脳エージングされているようだ)バスドラの音圧がガンガン耳に響くため、聴き疲れします。自分は低音厨ではないんだなぁと思いました。

エンコーダーがソースを圧縮する際には、設定ビットレートにより低〜中音部はさほど変わらないけど、高音部に影響が大きく出る。一番聞き分けやすいのはハイハットの音かな。
AAC256kbpsのエンコードだとハイハットの音が結構いい感じに鳴っている(128kbpsだとちょっと歪んだ感じになるのと、ボーカルが少し引っ込んだ感じになる)し、全体の雰囲気も悪くない。128kbpsの倍のファイルサイズになるのはちょっときびしいので、もうちょっとビットレートを落としたいため、しばらくこの音を楽しんだ後、次は192kbpsを試してみようかなと思う。

ちなみに、ER-6iとAAC256kbpsの組み合わせでライブ録音の曲を聴くと、ホールのどのあたりで録音したかがなんとなく感じられます。「LAST TEENAGE APPEARANCE」ではステージと同じフロアの前の方(最前列ではない)、「約束の日」の「15の夜」はステージよりも高い所(2F客席かな)で録音した音のように感じます。「約束の日」のほかの曲はまだ聴いていないため不明だけど、「15の夜」と他の曲とはなんとなく録音状態が違うような気がします。この聞き分けはATH-CK31では無理なようです。
posted by はぐリン at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘッドフォンブック2011

今年のヘッドフォンブックになにやらオマケでイヤホンが同梱されているとの噂を耳にした。
発売日が12/14とのことで、今更本屋に残っているか微妙だが、昨日ラクダ書店で探してみた。(価格.comのPIANO FORTE IIの口コミを見てみたら、なにやら売り切れっぽい感じ)

・・・1冊だけ残ってたので即ゲット。

付録はFinal audio design社のPIANO FORTE Iというオープンタイプ?のイヤホンでネットでの評判は悪いみたいですね。でも、この機会でしか手に入らない機種のようなので手に入れておくのも面白いと思います。ちなみに同じ製品っぽいPIANO FORTE IIは3Kくらいの値段のイヤホンらしいので、それが書籍と合わせて2Kで手に入ることになるのでお得感はある(書籍のみが1Kと考えるとイヤホンが1K)。

ダイナミック型でドライバーユニットが大きめなため、かなり鳴らし込まないとまともな音が出なさそうな感じなので、それで評判が悪いのかも知れないね。
posted by はぐリン at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イヤホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jフェスタの新カード

金曜日にVジャンが届いたので、そちらに掲載されている新カードの方に気をとられていたが、土日にジャンプフェスタがあったんですねぇ。

PP13の10枚とプロモパックの5枚?のカードのテキストを調べなくては・・・
posted by はぐリン at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。